~MSNニュース2018.10.21~
ひと昔前までは上の血圧は「年齢+90」が目安とされ、1987年には旧厚生省が「180/100」という診断基準を打ち出した。2000年には日本高血圧学会が「140/90」という厳しい基準を打ち出す一方、70代は150未満、80代は160未満(いずれも上)と段階的な数値が並んだ。だが2004年に同学会は、65歳以上の高齢者を一括りにして「140/90」という治療目標を当てはめるよう方針転換した。これに反旗を翻した日本人間ドック学会は、約150万人のデータをもとに、当時の基準より大幅に緩い「147/94」という新たな健康基準を発表した。この数値が診断に適用されると、当時2474万人だった高血圧患者は660万人となり、1800万人減ることになる。最近になって『血圧は130まで下げなきゃダメだ』って報道が出てきた。いったい何を信じればいいのか分かりませんよ」(65歳男性)。最大の問題点は、診断基準や治療目標に確固たるエビデンスがないということだ。高血圧の予防治療を専門とする新潟大学名誉教授の岡田正彦氏は、「私はガイドラインに示されている診断基準の根拠となる全文献を精査しましたが、その基準内の人がどれだけ長生きしたかというデータに基づいたものはいまだにない。高血圧学会が発表する基準値の根拠は、日本人間ドック学会が示したデータに比べて正確とは言い難いと思っています」 今回、アメリカで基準値を引き下げる根拠となった臨床試験も、決定的なエビデンスを出しているわけではない。
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E3%81%BE%E3%81%9F%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8B%E9%AB%98%E8%A1%80%E5%9C%A7%E5%9F%BA%E6%BA%96%E3%80%8C%E4%BD%95%E3%82%92%E4%BF%A1%E3%81%98%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%81%84%E3%81%84%E3%81%AE%E2%80%A6%E3%80%8D%E3%81%A8%E8%90%BD%E8%83%86%E3%81%AE%E5%A3%B0%E3%82%82/ar-BBOFgt4#page=2

 

■長谷部式健康会・・・健康法にはコツがある!
since1979 ――――――――――――――――――――――――――――
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-2-13 tel 0586-46-1258 fax0586-46-0367
http://hasebe-kenko.com