~ケアネットニュース2018.6.8~
研究:標準サービングサイズまたは25%減らしたサービングサイズによる飲酒セッションにランダムに割り付けられた。結果:サービングサイズが25%減ると、アルコール摂取量が20.7~22.3%減少した。モデリング結果によると、一般的なアルコール飲料のサービングサイズを25%減少させると、年間アルコール関連入院数を4.4~10.5%、年間アルコール関連死亡数を5.6~13.2%減少させる可能性があることが示唆された。
http://www.carenet.com/news/general/carenet/46100

 

■長谷部式健康会・・・健康法にはコツがある!
since1979 ――――――――――――――――――――――――――――
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-2-13 tel 0586-46-1258 fax0586-46-0367
http://hasebe-kenko.com