~ケアネットニュース2017.6.22~
非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は心血管疾患(CVD)発症のリスク因子として知られている。京都府立医科大学の研究の事後解析で調査したところ、過体重でないNAFLD患者でCVD発症リスクが高いことが示された。心血管疾患発症率は、NAFLDでも過体重でもない人で0.6%、NAFLDだが過体重ではない人で8.8%、NAFLDではないが過体重の人で1.8%、NAFLDかつ過体重の人で3.3%であった。非アルコール性脂肪性肝疾患でも過体重でもない人と比較した心血管疾患発症率発症のハザード比は、太っていなくて(過体重ではない)非アルコール性脂肪性肝疾患の人は10.4(10倍以上)という結果。
http://www.carenet.com/news/general/carenet/44155

 

 

■長谷部式健康会・・・健康法にはコツがある!
since1979 ――――――――――――――――――――――――――――
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-2-13 tel 0586-46-1258 fax0586-46-0367
http://hasebe-kenko.com