~AFP通信2018.10.24~
30歳未満の女性が出産することで、その後の人生における乳がん発症リスクが減少することは、これまでの研究で明らかにされてきた。今回の研究では、妊娠期間中の特定週に、乳がん発症リスクに変化が起きていることを突き止めた。「妊娠33週で出産した場合、それは素晴らしいことだが、残りの人生における乳がん発症リスク減少というボーナスは得られない」、「リスクの面で非常に明確な変化が起きるのは、妊娠33週から34週にかけてだからだ」と指摘。通常の妊娠期間は40週とされ、37週未満で出生した赤ちゃんは早産児とみなされる。データベースに記録されたデンマークとノルウェーの女性約400万人について調査した。妊娠34週以降に出産した女性は、出産経験のない女性と比べて乳がん発症リスクが平均13.6%低いことを突き止めた。妊娠33週で出産した女性の場合、同リスクの減少幅は2.4%にとどまるという。出産と乳がん発症リスク減少の関係については医学研究者の間で広く知られており、初産の時、授乳の準備として乳腺細胞が根本的に変化すると考えられてきた。しかし、34週以上の2回目、3回目の妊娠によって、乳がん発症リスクがさらに下がることを突き止めた。この現象は妊娠34週以降の死産でも起きるため、授乳は乳がん発症リスクの減少と無関係とみられる。ただし、乳がん発症リスクの減少効果は29歳未満の女性が出産した場合にしかみられないという。
http://www.afpbb.com/articles/-/3194464

 

■長谷部式健康会・・・健康法にはコツがある!
since1979 ――――――――――――――――――――――――――――
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-2-13 tel 0586-46-1258 fax0586-46-0367
http://hasebe-kenko.com