~magmagニュース2018.10.18~
山梨県は、人口に対する図書館の数が断トツで全国1位なのです。人口10万人に対する図書館の数は全国平均が2.61、山梨県は6.59。これに対して、運動の実施率は、山梨県は全国最下位。読書と健康寿命が結びつきました。この理由を専門家が推測しています。・図書館に行って本を探すことが運動になっている・知的な刺激を受けている・過去の記憶を呼び覚ますことにつながる・読書によって心が動き、それが行動につながる・本を読むということは、それだけの活力があって、知的好奇心があるということ等々です。この結果を受けて、調べると、読書をしている人と、しない人とでは平均寿命が2歳以上違うという論文があったり、図書館の近くに暮らす人は、要介護リスクが低いという調査結果があった…といいます。

なぜ中国は「北海道」の土地を買い漁るのか? 狙われた永住権

 

■長谷部式健康会・・・健康法にはコツがある!
since1979 ――――――――――――――――――――――――――――
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-2-13 tel 0586-46-1258 fax0586-46-0367
http://hasebe-kenko.com