~WIRED2017.8.13~
慢性的な睡眠不足が、脳内の「食作用」を担う細胞を活性化させ、シナプスの分解を促進させる、という研究結果が発表された。さらに睡眠不足は、アルツハイマー病などの神経変性疾患を引き起こすリスクも高くする可能性があるという(イタリアのマルケ工科大学)。研究では寝不足が引き金となってシナプスの接続やそれらの残骸をより多く分解してしまうことを示唆しているという。
https://wired.jp/2017/08/13/lack-of-sleep/

 

 

■長谷部式健康会・・・健康法にはコツがある!
since1979 ――――――――――――――――――――――――――――
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-2-13 tel 0586-46-1258 fax0586-46-0367
http://hasebe-kenko.com