~ケアネットニュース2018.9.26~
国立長寿医療研究センターは、日本の地域在住の高齢者における、日常生活や社会的役割を含むライフスタイル活動と認知症発症との関連について調査を行った。主な結果は以下。平均42.6ヵ月後、認知症の新規発症は219例(4.8%)。・認知症発症率が有意に低かった因子は以下。●日常的な会話(ハザード比:0.56)●自動車運転(ハザード比:0.63)●ショッピング(ハザード比:0.57)●フィールドワークまたはガーデニング(ハザード比:0.71)
http://www.carenet.com/news/general/carenet/46745

 

■長谷部式健康会・・・健康法にはコツがある!
since1979 ――――――――――――――――――――――――――――
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-2-13 tel 0586-46-1258 fax0586-46-0367
http://hasebe-kenko.com