~magmagニュース2017.10.11~
歯の形が変わることで噛み合わせにも変化が起こる。歯並びが悪くなったり、噛みにくくなるほか、顎の関節にも異常をきたす場合もあります。虫歯を放置すると、その穴に溜まった食べかすなどが腐り、強い口臭を発生させる原因になります。はじめは痛みを感じた虫歯も、神経が死んでしまうとその痛みは消えます。歯の神経が死んでも、そこにいる虫歯菌がいなくなるわけではありません。虫歯菌が根の奥の方まで感染すれば、例えば副鼻腔炎を引き起こします。顎の骨にまで達すと、骨髄炎を起こします。骨髄炎は高熱や体のだるさなどの全身症状がでるほか、ひどくなると顎の骨の形まで変わってしまいます。
http://www.mag2.com/p/news/295838

 

■長谷部式健康会・・・健康法にはコツがある!
since1979 ――――――――――――――――――――――――――――
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-2-13 tel 0586-46-1258 fax0586-46-0367
http://hasebe-kenko.com