~ケアネットニュース2018.5.4~
高齢者の亡くなる状態を概括すると、いわゆるピンピンコロリは1割程度であり、フレイル「加齢に伴う予備能力低下のため、ストレスに対する回復力が低下した状態」と、サルコペニア「高齢期にみられる骨格筋量の低下と筋力もしくは身体機能の低下」が関連。治療に関しては両病態ともに、レジスタンス運動を追加した運動療法や、十分な栄養を摂る栄養療法が行われる。
http://www.carenet.com/news/general/carenet/45941

 

■長谷部式健康会・・・健康法にはコツがある!
since1979 ――――――――――――――――――――――――――――
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-2-13 tel 0586-46-1258 fax0586-46-0367
http://hasebe-kenko.com