~AFP通信2017.1.17~
ロボットとセックスできる時代はすぐそこまで来ている。セックスボットはもはやSF世界の話ではないと考えている。今年中には、人間のセックスの相手をするようにプログラミングされた、金属とゴムと樹脂製のセックスボットが現実世界に登場するというのだ。ロボットとの性交渉は素晴らしい体験になり得る。ロボットとのセックスには多くのメリットがある。病気に感染する心配がないので安全でもあり、主導権を握ることもできる。さらに、ロボットとのセックスが普通になるにつれて、ロボットとの結婚は非常に現実味を帯びてくるだろうと主張する。未来のロボットは我慢強くて優しくて愛らしいものになる。嫉妬や自慢、傲慢、無礼な態度とは無縁だ。わざとプログラミングするなら別だが、こうしたすべての性質を可能にするソフトウエアは数十年以内に開発される可能性が高い。近年は「ロボットとのセックスや愛を受け入れる人が増えている」と指摘した。しかし、「あなたならロボットを恋人にしますか?」という質問には大半の人が「ノー」と答えたという。人間とロボットとの愛を受け入れたとしても、いざ自分がロボットと付き合うかと言えば、そこまでの変化は当分起きそうになさそうだ。
http://www.afpbb.com/articles/-/3114318

 

■長谷部式健康会・・・健康法にはコツがある!
since1979 ――――――――――――――――――――――――――――
〒491-0905 愛知県一宮市平和1-2-13 tel 0586-46-1258 fax0586-46-0367
http://hasebe-kenko.com