がん難病も怖くない 健康とは自分の努力で 体質別全身温熱療法で健康を取り戻す テレビや雑誌でも効果実証された長谷部式排毒健康法を紹介 悪病退散 病気のすみつけないからだづくりを目指します
健康会ニュース

健康医学ニュース

4回目のコロナワクチン、感染予防の持続期間は?

~ケアネットニュース2022.6.2~4回目接種後最初の3週間は、3回接種と比較してSARS-CoV-2感染およびCOVID-19重症化の両方に対して有効性が認められたが、感染予防効果は時間とともに低下した。すなわち、S …

インフルエンザでも、mRNAワクチン第III相試験開始/モデルナ

~ケアネットニュース2022.6.14~本試験は、既存の季節性インフルエンザワクチンに対するmRNA-1010の安全性および免疫学的非劣性を評価することを目的とし、南半球諸国の成人約6,000人が登録される。Modern …

ウナギのお刺身がないのは「毒があって危険だから」

~tenki.jp2016.7.21~ウナギ、アナゴ、ウツボ、ハモ・・・「ウナギ目」の魚類は、共通の特徴として血液(血清)に『イクチオヘモトキシン』というタンパク質の毒が含まれているといいます。血清1mlで、体重20gの …

高麗人参は経済成長にも「効能」あり

~AFP通信2022.6.16~中国東北部の吉林省は「特産のニンジン(高麗人参)が食品や医薬品、化粧品、ヘルスケア製品などに幅広く用いられるよう支援し、10年間で1000億元(約2兆円)産業に発展させる」と表明。吉林省が …

「世界最古の木」更新か、樹齢5000年超の木の報告、チリ

~ナショナルジオグラフィック2022.6.4~チリの国立公園にあるパタゴニアヒバを調査した。この調査では、T字型の穿孔器を用いて、コケに覆われたパタゴニアヒバの幹に穴を開け、コアサンプルを採取した。幹は直径が4メートル以 …

若年性認知症の診断5年前からみられる症状

~ケアネットニュース2022.6.8~オランダ・マーストリヒト大学は、若年性認知症の診断前段階でみられる一般的な初期症状の特定を試みた。若年性認知症患者は、対照群と比較し、診断5年前より認知症状、診断4年前より情動症状、 …

たばこ産業の環境への影響は「衝撃的」WHO

~AFP通信2022.5.31~世界保健機関は、たばこ産業が世界最大規模の環境汚染を行っていると非難した。たばこは膨大なごみを発生させ、温暖化を加速させるなど、多くの人が考えるよりもはるかに大きな脅威だとしている。WHO …

野菜や果物の摂取とADHD児の不注意重症度との関係

~ケアネットニュース2022.6.3~ADHDの病因は多因子的と考えられ、その症状の重症度は食事療法と関連しているといわれている。小児コホート研究において、食事の質とADHDおよびED症状との関連を調査した(米国・オハイ …

アルツハイマー病と出生した季節との関係

~ケアネットニュース2022.5.31~愛知・国立長寿医療研究センターは、高齢のアルツハイマー病患者において、患者の出生した季節との関連の検討を行った。その結果、秋冬に出生した人は、春夏に出生した人と比較し、タウ蓄積が少 …

新型コロナウイルスはいつまで体内に残る?後遺症との関連は?

~ナショナルジオグラフィック2022.5.26~ 新型コロナウイルスは大半の感染者においては、体内のウイルスレベルは感染から3〜6日でピークを迎え、10日以内に免疫系によって取り除かれる。だが、この期間以降にもウイルスの …

1 2 3 55 »
facebookページリンク
GetAdobe

PDF形式の書類の閲覧・印刷にはAdobe Readerが必要です。上画像リンクよりダウンロード(無償)して利用ください。

PAGETOP
Copyright © 長谷部式健康会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.