がん難病も怖くない 健康とは自分の努力で 体質別全身温熱療法で健康を取り戻す テレビや雑誌でも効果実証された長谷部式排毒健康法を紹介 悪病退散 病気のすみつけないからだづくりを目指します
健康会ニュース
  • HOME »
  • 健康会ニュース »
  • 健康医学ニュース

健康医学ニュース

耐性ある淋病が増加、新たな抗生物質が早急に必要 WHO

~AFP通信2017.7.7~ WHOは、既存の抗生物質に耐性がある淋菌が増えており、淋菌感染症(淋病)が制御不能になる恐れがあるとして、治療のために新薬が早急に必要とされているとの声明を発表した。WHOによると、性感染 …

最新研究、ネコは自ら家畜化した、遺伝子ほぼ不変。

~ナショナルジオグラフィック2017.6.21~ イエネコ(家畜化したネコ)の拡散に関する研究の一環として行われたDNA分析から、ネコは人間が家畜化したのではなく、自ら人と暮らす道を選んでいたことが明らかになった。ネズミ …

人間とセックスするロボット、年内にも市場に?

~AFP通信2017.1.17~ ロボットとセックスできる時代はすぐそこまで来ている。セックスボットはもはやSF世界の話ではないと考えている。今年中には、人間のセックスの相手をするようにプログラミングされた、金属とゴムと …

中学生のピロリ検診・除菌、エビデンス乏しく副作用の懸念も

~日経メディカル2017.6.8~ 中学生を対象にヘリコバクター・ピロリの感染者を検査で見つけ、若年のうちに除菌する試みが全国で広がっている。これに対し関連学会は、保険適応がない無症状の小児への除菌を推奨しないガイドライ …

血糖上昇の原因が、ポテトサラダ?

~ケアネットニュース2014.7.15~ 患者:先生にいわれてから、サラダを先に食べているんですが、なかなか血糖が減りません。 医師:野菜を先に食べるのを、意識されているんですね。 患者:そうなんです。どうしてなんでしょ …

太っていない非アルコール性脂肪性肝患者で心血管リスク高い

~ケアネットニュース2017.6.22~ 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は心血管疾患(CVD)発症のリスク因子として知られている。京都府立医科大学の研究の事後解析で調査したところ、過体重でないNAFLD患者でC …

飲酒は適量でも認知症のリスク要因/BMJ

~ケアネットニュース2017.6.16~ アルコール摂取は、たとえ適量であっても海馬の萎縮など脳に悪影響があることを縦断研究の結果、報告した(英国・オックスフォード大学)。週30単位以上のアルコール摂取群が最もリスクが高 …

1日1時間のウオーキングで認知症リスク低下:東北大

~ケアネットニュース2017.6.5~ 65歳以上で障害のない日本人6,909例を対象に自己報告アンケートを用いて、1日当たりの歩行時間を個別に評価した(0.5時間未満、0.5~1時間、1時間以上)。歩行時間が最も短い群 …

尿pHが男性の糖尿病発症と関連

~ケアネットニュース2017.6.6~ これまでに2型糖尿病患者の低い尿pHとの関連が明らかになっているが、尿中pHと2型糖尿病の発症との関連は不明である。今回大規模コホート研究で、低い尿pHが糖尿病の独立した予測因子と …

成人期の読字学習で脳が変容、研究

~AFP通信2017.5.25~ 30代になってから文字を読むことを学んだインド人女性らを対象とした調査で、人の脳が自らを再編成して変容させる驚くべき能力を備えていることが明らかになった。非識字率約39%のインドで女性ら …

« 1 12 13 14 16 »
facebookページリンク
GetAdobe

PDF形式の書類の閲覧・印刷にはAdobe Readerが必要です。上画像リンクよりダウンロード(無償)して利用ください。

PAGETOP
Copyright © 長谷部式健康会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.